関節炎の治療

2009年6月20日 04:49 | コメント(0) | トラックバック(0)

関節炎での治療の流れを紹介してみましょう。
関節炎は原因によって治療法も違いますから、回復のためには個々の症状に応じた治療が行われます。先ずは医師の診察を受け、関節炎を起こした要因を探り、患部の検査をして原因は何かが診断されます。
検査はX線撮影で骨の変形の度合いや、骨の一部が剥落してないか、関節には異常がないかが調べられます。血液検査で細菌感染などの可能性も検査され、関節に膿が溜まっているようなら、患部に針を刺して組織を調べる関節せん刺という方法で菌の有無が確認されます。関節炎はストレス性のものもあり、問診などで気になる点があるなら医師に伝えておくと良いでしょう。
検査が終れば、実際の治療に移ります。治療は薬物療法、温熱療法(低温療法が採られる事もあります)が主で、これらの治療法で改善されない、もしくは関節の組織や近辺の骨に著しい異常があるなら外科的手術が行われ、骨の変形部分を整形して正しい状態にさせる骨切除術や人工関節置換術、または固定させる関節固定術が施されます。
関節炎が膿による化膿性関節炎であれば、関節部分に洗浄用のチューブを通し、洗浄した後に抗生物質を添加して炎症を抑える治療が行われています。
関節炎の治療後は医師による再発防止のための指導を受け、状態によってはリハビリが行われて機能の回復が図られます。

 

 にんにくの効能と栽培方法  岩盤浴の効果
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

関節炎治療の期間
関節炎を自然な方法を治したい方には、生活態度から見直し、マッサージや鍼治療、漢方薬を活用していくのもおすすめです。
関節炎発症時の生活態度
関節炎を発症したら、生活態度を改め、悪化しないように気を配ると痛みや腫れをコントロールして上手に付き合っていくことが可能になります。
関節炎の薬物療法
関節炎の治療では、原因に応じて慎重に薬物治療が行われています。特に、細菌やウイルス感染の場合は、症状の進行が早く、速やかな治療が回復の結果を左右し、医師との相談の元、最適な治療が重要とされています。
関節炎の発症傾向
関節炎は誰にでも起こりうる疾病で、化膿性関節炎や変形性関節症などは年齢・性別に関係なく発症しています。
関節炎の予防
関節炎は予防することが出来ます。ここでは、関節炎予防に効果のある事柄について述べてみましょう。
関節炎の手術
関節炎での手術には他にも、骨切除術、関節固定術、滑膜切除術などがあります。いずれも痛みなどの原因を元から除去するには効果的な手術法で、症状や原因によって適切な治療法が選択され、回復に繋がるように薬物療法や生活指導も並行して行われます。
関節炎の治療
関節炎は原因によって治療法も違いますから、回復のためには個々の症状に応じた治療が行われます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yosinc.com/mt2/mt-tb.cgi/904

コメントする

このサイトを購読する

2009年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

文字サイズ変更

  1. TOP
  2. 関節炎の治療

RSS登録

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Googleに登録
  • はてなRSSに登録
  • lvedoorリーダーに登録
  • エキサイトリーダーに登録