関節炎の手術

2009年6月20日 04:51 | コメント(0) | トラックバック(0)

関節炎では薬物療法や赤外線など温感治療などで効果が得られない場合、外科手術で根本的な治療が進められています。内科的な療法では改善できない場合も多く、その際は整形手術で関節の機能回復が図られます。
関節炎で最も多いのが変形性関節症ですが、この場合は肥満や加齢によって関節がダメージを受け、修復できないケースもありますし、慢性関節リウマチでは関節部分に曲がりや歪みを生じることも多く、手術によって正しい形に修復されます。
関節炎でも関節の損傷が激しい場合には人工関節への移行、つまり人工関節置換術が行われ、体の中でも良く動かす膝関節や股関節によく実施されて高い成果も得ています。人工関節置換術は大手術ですが、関節炎の為にそれまで寝たきり同然でも、歩けるようになる場合も多く、体への負担が少なくてスムースな動きが出来る素材の開発が進んでおり、今後も更に期待の高まる治療法でしょう。
関節炎での手術には他にも、骨切除術、関節固定術、滑膜切除術などがあります。いずれも痛みなどの原因を元から除去するには効果的な手術法で、症状や原因によって適切な治療法が選択され、回復に繋がるように薬物療法や生活指導も並行して行われます。
関節炎の手術で一時的に関節の違和感を覚えても、リハビリを地道にする事で十分に回復が期待できるでしょう。

 

 女装入門  貞操帯  楽天で競馬
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

関節炎治療の期間
関節炎を自然な方法を治したい方には、生活態度から見直し、マッサージや鍼治療、漢方薬を活用していくのもおすすめです。
関節炎発症時の生活態度
関節炎を発症したら、生活態度を改め、悪化しないように気を配ると痛みや腫れをコントロールして上手に付き合っていくことが可能になります。
関節炎の薬物療法
関節炎の治療では、原因に応じて慎重に薬物治療が行われています。特に、細菌やウイルス感染の場合は、症状の進行が早く、速やかな治療が回復の結果を左右し、医師との相談の元、最適な治療が重要とされています。
関節炎の発症傾向
関節炎は誰にでも起こりうる疾病で、化膿性関節炎や変形性関節症などは年齢・性別に関係なく発症しています。
関節炎の予防
関節炎は予防することが出来ます。ここでは、関節炎予防に効果のある事柄について述べてみましょう。
関節炎の手術
関節炎での手術には他にも、骨切除術、関節固定術、滑膜切除術などがあります。いずれも痛みなどの原因を元から除去するには効果的な手術法で、症状や原因によって適切な治療法が選択され、回復に繋がるように薬物療法や生活指導も並行して行われます。
関節炎の治療
関節炎は原因によって治療法も違いますから、回復のためには個々の症状に応じた治療が行われます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yosinc.com/mt2/mt-tb.cgi/905

コメントする

このサイトを購読する

2009年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

文字サイズ変更

  1. TOP
  2. 関節炎の手術

RSS登録

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Googleに登録
  • はてなRSSに登録
  • lvedoorリーダーに登録
  • エキサイトリーダーに登録