関節炎の発症傾向

2009年6月20日 04:54 | コメント(0) | トラックバック(0)

関節炎は誰にでも起こりうる疾病で、化膿性関節炎や変形性関節症などは年齢・性別に関係なく発症しています。では、男女の性別や年齢で起こりやすい関節炎はあるのでしょうか。関節炎について比較してみましょう。
性別によるものは、関節リウマチだと女性の方が多いとされます。関節リウマチはリウマチによる関節炎で、女性患者の比率が高いためか、関節リウマチの男女比は1:4で、40歳代前後で発症するケースが多いとされます。
関節炎でも通風関節炎では男性の比率が高いとされます。通風自体の患者が圧倒的に男性が多いのも理由ですが、通風の原因である尿酸の排出作用を持つ女性ホルモンの多い女性は潜在的に通風になりにくい為に、男性が多いようで、男女比は20:1で、50代に多い病気と言われていましたが、最近は発症の若年化が問題となっています。
また、関節炎を体重からみてみると、体質的に脂肪を溜め込む性質のある女性は関節炎で悩む方は多いことは想像が付く事ではないでしょうか。しかし、最近は食事の西洋化で肥満に悩む方は多いので、ダイエットする事が関節炎予防に大いに役立つでしょう。
また、男女比に違いがない関節炎もあります。関節炎の症状を呈する関節症性乾癬は関節に炎症や変形がみられますが、男女比はほぼ同じで20~30代の人に多く見られます。

 

 パピーザワールド  国際日本検定試験  前立腺がん
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

関節炎治療の期間
関節炎を自然な方法を治したい方には、生活態度から見直し、マッサージや鍼治療、漢方薬を活用していくのもおすすめです。
関節炎発症時の生活態度
関節炎を発症したら、生活態度を改め、悪化しないように気を配ると痛みや腫れをコントロールして上手に付き合っていくことが可能になります。
関節炎の薬物療法
関節炎の治療では、原因に応じて慎重に薬物治療が行われています。特に、細菌やウイルス感染の場合は、症状の進行が早く、速やかな治療が回復の結果を左右し、医師との相談の元、最適な治療が重要とされています。
関節炎の発症傾向
関節炎は誰にでも起こりうる疾病で、化膿性関節炎や変形性関節症などは年齢・性別に関係なく発症しています。
関節炎の予防
関節炎は予防することが出来ます。ここでは、関節炎予防に効果のある事柄について述べてみましょう。
関節炎の手術
関節炎での手術には他にも、骨切除術、関節固定術、滑膜切除術などがあります。いずれも痛みなどの原因を元から除去するには効果的な手術法で、症状や原因によって適切な治療法が選択され、回復に繋がるように薬物療法や生活指導も並行して行われます。
関節炎の治療
関節炎は原因によって治療法も違いますから、回復のためには個々の症状に応じた治療が行われます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yosinc.com/mt2/mt-tb.cgi/907

コメントする

このサイトを購読する

2009年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

文字サイズ変更

  1. TOP
  2. 関節炎の発症傾向

RSS登録

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Googleに登録
  • はてなRSSに登録
  • lvedoorリーダーに登録
  • エキサイトリーダーに登録