関節炎治療の期間

2009年6月20日 04:58 | コメント(0) | トラックバック(0)
関節炎の治療期間について考えるのは、治療方針を決める上で大切なことです。関節炎では、軽い症状なら数週間から、2~3ヶ月程度ですが、慢性化した場合で数年、あるいは終生にかけての付き合いになる事も少なくありません。
関節炎の治療は自分の考えと医師との相談を良く擦り合わせ、納得のいく方法を選びたいものです。治療期間も方法によって大きく異なってきます。関節炎の症状は人それぞれですし、痛みの感じ方や患部の発熱、腫れに対しての受け止め方にも個人差があります。
また、治療方法自体への考え方にも違いがあり、関節炎を投薬治療や手術などで短期間の内に完治を目指したい方もいれば、関節に良い作用のある食品にストレッチなどの運動や、温泉で湯治する方法を選択したい方もいます。
痛みが大きくて進行性の関節炎なら、早めの回復を狙ってステロイド剤を効果的に使うのも良いでしょう。ステロイド剤への不安を口にする患者も多い様ですが、強い成分である分、短期間で劇的な効果を現す場合もあります。
関節炎を自然な方法を治したい方には、生活態度から見直し、マッサージや鍼治療、漢方薬を活用していくのもおすすめです。
関節炎患部が改善されるまでの治療期間や治療方針についても、自分の希望を医師に伝え、治療計画を建てると良いでしょう。
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

関節炎治療の期間
関節炎を自然な方法を治したい方には、生活態度から見直し、マッサージや鍼治療、漢方薬を活用していくのもおすすめです。
関節炎発症時の生活態度
関節炎を発症したら、生活態度を改め、悪化しないように気を配ると痛みや腫れをコントロールして上手に付き合っていくことが可能になります。
関節炎の薬物療法
関節炎の治療では、原因に応じて慎重に薬物治療が行われています。特に、細菌やウイルス感染の場合は、症状の進行が早く、速やかな治療が回復の結果を左右し、医師との相談の元、最適な治療が重要とされています。
関節炎の発症傾向
関節炎は誰にでも起こりうる疾病で、化膿性関節炎や変形性関節症などは年齢・性別に関係なく発症しています。
関節炎の予防
関節炎は予防することが出来ます。ここでは、関節炎予防に効果のある事柄について述べてみましょう。
関節炎の手術
関節炎での手術には他にも、骨切除術、関節固定術、滑膜切除術などがあります。いずれも痛みなどの原因を元から除去するには効果的な手術法で、症状や原因によって適切な治療法が選択され、回復に繋がるように薬物療法や生活指導も並行して行われます。
関節炎の治療
関節炎は原因によって治療法も違いますから、回復のためには個々の症状に応じた治療が行われます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yosinc.com/mt2/mt-tb.cgi/910

コメントする

このサイトを購読する

2009年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

文字サイズ変更

  1. TOP
  2. 関節炎治療の期間

RSS登録

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Googleに登録
  • はてなRSSに登録
  • lvedoorリーダーに登録
  • エキサイトリーダーに登録